マイラーがま蛙

まったりとマイルを貯めて2017JGC修行と2018SFC修行。

がま蛙のマイルでパリ・ロンドン家族旅行:現実を知った計画編 (1/8)

こんにちわ、がま蛙です。今年の3月にマイルの特典航空券で行ってきた家族旅行について8話連続レポートします。この旅行は、個人的(蛙的)には一つの「転機」となった大切なイベントですので、こうやって、もう半年経過した今、改めて振り返ることも大切かなぁと。 

第1話は「現実を知った計画編」ですw

改めて振り返ると自分の無知が恥ずかしい限りですが、その経験で今がある、そう信じて疑いはないのです。

f:id:will_power_of_toad:20170912232721j:plain

旅行計画のイメージ図(ロンドン地図とパスポート)

 

ふわっとした旅行プラン

初めての海外出張から、放置し続けて約3年間

3年前に初めての海外出張で、とある国中を飛び回ることになった際、まわりに言われて勢いで作ったANAカード。せっかくだから生活決済も全部集中して、いつか家族で海外に行くぞ、なんてぼんやりと決意。このときは、まだ自覚が足りてなかったけど、そうやって自分の意識を少しづつ海外へ向けていくことも、仕事のモチベーションUPになるかもしれないし。

で、気が付けば3年経過。一番最初のマイルの期限が迫ってきている。当時はマイラー活動は全くしてませんでしたが、いろいろな恩恵もあって、貯まったマイルは概算で20万マイルぐらい。期限が切れそうなのは、そのうちの数万マイル。

はて、一旦近場でお茶を濁すか、一気にマイルを使って派手に想い出をつくるか。

保有マイルで家族一緒にどこにいけるの?

そこで早速ANA公式ページへ。実はこのとき見るのが初めて。何の目標も持たずにマイルを貯めていた(貯まっていた)ことがバレバレ。さて、家族3人、20万マイルでどこへいけるかな?

 

f:id:will_power_of_toad:20170913070336p:plain

日本発着必要マイル数(出所:ANA公式ページ)

おい!これ結構いけるぜ!

行きたい時期は「R」のレギュラーシーズン。家族3人だから、最大でも一人当たり65,000マイルぐらいまでは大丈夫な筈で、だったら、ハワイ、北米、欧州が視野に入っているぞ。(小声で)場合によってはビジネスも。

無知が故に繰り広げられる夢という名の皮算用

意気揚々とPCを閉じて、娘のリクエストで、偶然その日行く予定だった”回らない”すしチェーン店で家族会議を再開。

 

ねぇ?どこか行きたい国とかある? 僕は(自分の勉強のモチベーションUPのためにも)英語圏の国に行きたいなぁ。アメリカ、カナダ、オーストラリア、香港、シンガポール、(インドは置いといて)、イギリスなどなど

 

 

私はハワイに行きたいなぁ。前から親・兄弟の皆で行こう、行こうって言ってるけど、なかなか行けそうにもないし

 

 

まぐろ食べたい!!

 

 

そうだねぇ。ハワイいいかもね。(スマホ見ながら)これなら予算内に収まりそうだし。帰りにガイドブック探しに本屋でも寄ってみる?

 

 

ねぇ、私のまぐろは?

 

 

オーケー。楽しみだね。泊まるところも考えなきゃね~

 

 

 

突きつけられる、厳しい現実

早速、特典航空券の発券してみよう

さて。自宅に戻ってANAのサイトにログイン。これまた初めて操作する特典航空券予約のオペレーション画面。ハワイの往復を選択します。休暇は多少の日程の前後はできると思うので、幾らかパターンを検索してみようかなっと。

 

f:id:will_power_of_toad:20170917101129p:plain

特典航空券予約の再現イメージ図(出所:公式サイト)

って、全くハワイの予約とれないんだけど?

検索結果は、往路「空席待ち」復路「空席待ち」といずれも満席。別の日を指定して、またも往路「空席待ち」復路「空席待ち」の満席。じゃ、今度はちょっとニーズが少なそうな旅程で検索するも、往路「空席待ち」復路「空席待ち」の満席。あれ、全く予約がとれない?

明らかにテンションが下がる家族と、無用の長物となったハワイのガイドブック…。

 

f:id:will_power_of_toad:20170917095832j:plain

特典航空券予約の再現イメージ図(出所:公式サイト)

ピークのハワイ特典航空券は即完売が普通

あわてて色々とGoogle先生で検索すると、どうやら予約がOPENになる約1年前が決戦の日であること。中には一旦ゼロ泊のトンボ返り旅程で往復予約をして復路だけ後日予約を取り直すという荒業も。一つ学んだのは、1~2か月前にドタバタ予約がとれる話ではない、とういこと。

ちなみに多分ですけど、このときの必死の検索履歴が、後にGoogleアプリのフィードを介して運命的な出会いを提供してくれました。私をこの世界に誘った「とあるマイラー(ブロガー)のとあるエントリ」に出会い、「マイラー」そして「修行僧」の世界に足を踏み入れたのです。

 

リカバリープランで欧州へ

英語圏に行きたい夫、買い物したい妻

ハワイ計画が行き詰まり、急遽家族会議再開。ハワイとかグアムとか全滅。でも、全くチケットが取れない訳ではなさそうです。特に、ANA便を諦めて、提携航空会社を使えば倍率も低そうで、パラパラと空席が出てきます。私の希望は英語圏。妻の希望はリゾートもしくは先進国。多分、買い物がしたいご様子。

 

f:id:will_power_of_toad:20170917144232p:plain

2015年7月現在のスターアライアンス加盟航空会社(出所:公式サイト)

欧州に光明、但し復路便は厳しい

そんな僕達に一筋の光。そうです。欧州です。フランクフルト経由のルフトハンザ航空なら、フランクフルトは勿論、ロンドンも、パリも、マドリードも、割とスケジュールに空きがあるぞ? 更には、パリなら日程によっては、往路のANA直行便も空いている。

でも、何故か復路の状況が異常に厳しい。ほぼ間違いなく北京経由の中国国際航空便が表示される。うーん。もうちょっといろいろ探してみよう。

結局、これがリカバリープランだ

じゃーん!!

何度も何度も検索して、迷いに迷って、ハワイのガイドブックを無駄にして、それでも、やっとの想いで最終的に決断した旅程は以下の通り!!

f:id:will_power_of_toad:20170912143123p:plain

パリ・ロンドン家族旅行のフライトスケジュール

あー、いまでも思い出す、このときの苦悩。パリからロンドンに行くのに、敢えてチューリッヒに飛ぶ変態飛行。そして、中国国際航空を回避できたとはいえ、結局は北京経由且つ24時間を超える復路。でも、これなら、最後はANAで締めくくることができる。

ちなみに、このとき僕の中で「心の箍」のような何かが「ピンッ」と音を立てて弾けるのを確認しました。ん?

絵本のよみきかせから、旅行は始まっている

決まるものが決まれば、話は早い。現地で働く先輩などからオススメのエリアを確認して、ささっとネット経由で宿を手配。意外と良さそうな立地の場所もとれました。

後は、大人の都合で決まってしまった旅程への子供のモチベーションアップ。この日から、夜寝るときの僕の絵本のよみきかせは、パリとロンドンに限定。ひたすら「二階建てバス」「兵隊さん」「エッフェル塔」に興味を持つように。

そう、チケットをとった瞬間、旅が始まっているのです。

 

f:id:will_power_of_toad:20170917151823j:plain

パリとロンドンの絵本

 

編集後記

チケットをとった瞬間、旅が始まる

正確には、このときはまだ放映されていなかったのですが、このキーワードがあまりにもフィットするので、引用させて頂きました。あのときの高揚感・ワクワクした気持ちをうまく表現してもらったような気がします。

www.youtube.com

。・゚・(ノД`)・゚・。

当時のことをいろいろ想い出しながら、エントリをまとめていたら、なんだかこみあげるものが。全ては自分の無知のせいで、ハワイに行けそうだとか妻にぬか喜びさせてしまったなぁ、子供に無茶なフライトを強要してしまったなぁ、ひょっとしたら本当に危険な目に合わせることになってしまっていたかもなぁ、それでも、やっとのことで、初めて家族を海外に連れていけることになったんだぁ、とか。

結局、楽しく準備して、楽しく旅行できたのも本当に家族のお蔭。

僕のコンプレックス

だけど、実は英語がしゃべれません。はっきり言って、コンプレックスです。

もっと若い頃の主張は、東京が本社の会社にいるのだから、新しいビジネスは常に東京にある。だから僕は何がなんでも海外に行きたいという考えは理解できない。でも、それは、ただの言い訳でした。入社前500点後半だったTOEICは、放置していたら500点前半にまで下落。

気が付けば、グローバル人材とは程遠い体たらく。他方で、経済のグローバル化はどんどん進む。結局、グローバル企業なんだから、日本で始まったビジネスも海外に浸透させなくては意味がない。こうして程なく、僕の言い訳は通用しなくなる。

僕には夢がある

結婚して、子供を授かって、少し考えが変わりました。もう逃げない。ちゃんと頑張る。そして、海外を目指す。家族を海外に連れていきたい。まずは旅行でもいい、いつかは海外で働きたい。僅か数年でもいいから海外で生活をしてみたい。

2014年に初めて海外出張の話を頂戴しました。しかも長距離だったのでビジネスクラスです。そのとき、少し期待とそれ以上の緊張でガチガチだった僕をANAのスタッフが後押ししてくれました。それ以来、ANAのファンになっています。更には、機内で流れていた「Another Sky」が、今では僕のソウル・ミュージックになっています。

アラフォー男子の決意

今回のパリ・ロンドン旅行を決めてスグに、社内の英語の公募プログラムに二つ応募しました。一つはもう修了しましたが、もう一つは修了後も自費で継続しています。前年時点では「まぁ、時間があれば」と流していた海外出張の話も、目的・得られる成果などを改めて考え直して、上司に再提案しました。

そうです。今からでも遅くない

でも、なかなか自己啓発・努力って、モチベーションが続かないですよね。そこで偶然出会ってしまった、マイラー或いは修行僧という変態な方々。ポチポチと軍資金を集めたと思えば、単価を求めてへんてこ旅程を探したり、ワンタッチで引き返したり(その代り何度も彼の地を訪れたり)。

こういうのは個人的に大好き。もともとJCB The Classに憧れて、ある意味修行も体験済。パパは、一風堂だって、プレミアムメンバーだったんだぞw

こうして、「英語」「海外」「旅行」「飛行機」「空港」「ラウンジ」「クレジットカード」「マイル」「上級会員」「修行」「フリークエントフライヤー」。僕の目指すべき、そして、大好きな、あらゆるキーワードが一つに繋がったのです。

もう迷いはありません。そして、それを楽しむ手段もどうやら見つかりました!