マイラーがま蛙

まったりとマイルを貯めて2017JGC修行と2018SFC修行。

がま蛙のマイルでパリ・ロンドン家族旅行:憧れの地、モン・サン・ミッシェルへ (3/8)

こんにちわ、がま蛙です。今年の3月にマイルの特典航空券で行ってきた家族旅行について8話連続レポートします。前述の通り、この旅行は、個人的(蛙的)には一つの「転機」となった大切なイベントですので、こうやって、もう半年経過した今、改めて振り返っています。 

第3話は「憧れの地、モン・サン・ミッシェルへ」です。

f:id:will_power_of_toad:20170917201027p:plain

パリ・ロンドン家族旅行の旅程詳細

第1話からご覧になられる方がいらっしゃったら、以下のリンクへお願いします。
toad.hatenablog.jp

 

現地へはバス・ツアーを利用

お世話になったのはエミ・トラベル

エミ・トラベルのバス・ツアーを利用。モン・サン・ミッシェルは流石にムチャクチャ遠いので、素直に現地ツアーを利用するのが得策だと思います。日本語対応ツアーは複数社が提供していますが、僕たちはEmi Travelを利用。
Emi TRAVEL PARIS - エミトラベルパリ | パリ発オリジナル日本語定期観光・モンサンミッシェルツアー・パリのホテル・パリのレストラン・パリ観光

f:id:will_power_of_toad:20170918013744j:plain

Emi Travelのバス

途中、中継ポイントとして立ち寄った、どこやらの田舎。

f:id:will_power_of_toad:20170918014302j:plain

フランスの田舎の交差点

ここだけ観光地みたいに見世物になっていて、それなりに雰囲気は出てます。

f:id:will_power_of_toad:20170918014429j:plain

フランスの田舎の街並み

趣ある建物。でも、今日の主役はモン・サン・ミッシェルなので、主食の前のお通しみたいなものです。

f:id:will_power_of_toad:20170918014628j:plain

フランスの田舎の古い建物

 

モン・サン・ミッシェル現地

現地対岸に到着

ツアー・バスはここまで。ここはお土産ショップです。対岸エリアからは巡回往復バスで島付近まで移動します。

f:id:will_power_of_toad:20170918014855j:plain

対岸のお土産ショップ

見えてきました。これが噂のモン・サン・ミッシェル。美しい。圧巻です。

f:id:will_power_of_toad:20170918015156j:plain

モン・サン・ミッシェルの全景

島内に到着

「王の門」です。要塞だったから、侵入者を防ぐ為に跳ね橋になっているとのこと。一応、両端に鎖らしきものが着いています。この奥は参道「グランド リュ (Grand Rue)」です。

f:id:will_power_of_toad:20170922013826j:plain

王の門

その、巡礼者の参道「グランド・リュ」で娘と一枚。この石畳の参道にホテルやらお土産屋やらレストランやらが並びます。名物オムレツも。

f:id:will_power_of_toad:20170918020143j:plain

グランド リュ (Grand Rue)

ツアーガイド曰く、ここが一番狭い道らしい。確かにメチャクチャ狭い。力士は間違いなく通れません。映画に出てくるような、ふとっちょアメリカ人も結構キツイかな。

f:id:will_power_of_toad:20170918020311j:plain

最も狭い道

鳥たちも観光中?

f:id:will_power_of_toad:20170918020542j:plain

モン・サン・ミッシェルの鳥たち

途中で見上げる尖塔。

f:id:will_power_of_toad:20170918020722j:plain

見上げる尖塔

大階段の上から。渡り廊下の窓から弓を放つのだそうです。

f:id:will_power_of_toad:20170918021545j:plain

大階段

改めて尖塔。ミカエル様がいらっしゃいます。

f:id:will_power_of_toad:20170918021013j:plain

尖塔のミカエル像

西のテラスから見下ろしました。緑と石と海のコントラストが美しい。

f:id:will_power_of_toad:20170918021903j:plain

西のテラスからの見下ろし

西のテラスから対岸方向を眺めます。一本の桟橋と、その向こうに広がる広大な平野。そして河川。これも素敵な眺めです。

f:id:will_power_of_toad:20170918022516j:plain

西のテラスからの対岸方面

西のテラスを満喫する娘。

f:id:will_power_of_toad:20170918022915j:plain

西のテラスと娘

再び鳥が観光中?

f:id:will_power_of_toad:20170918023014j:plain

西のテラスの鳥

修道院の外観です。ここだけ観ると、ちょっと小さい。

f:id:will_power_of_toad:20170918023508j:plain

修道院外観

修道院内部へ

その修道院の内部に入りました。荘厳です。

f:id:will_power_of_toad:20170918023914j:plain

修道院内部

天井を見上げてみました。これまた荘厳。

f:id:will_power_of_toad:20170918023649j:plain

修道院の天井

ラ・メルヴェイユの回廊は残念ながら工事中

f:id:will_power_of_toad:20170918024006j:plain

ラ・メルヴェイユの回廊

こちらは迎賓の間だったのこと。天井が美しい。

f:id:will_power_of_toad:20170918024106j:plain

迎賓の間

大天使ミカエルが司教オベールに、天使の顔も三度までよろしく、いい加減修道院を作りなさいと喝をいれているシーンです。

f:id:will_power_of_toad:20170918024920j:plain

大天使ミカエルと司教オベール

迎賓の間です。幾重にも重なるアーチが美しい。

f:id:will_power_of_toad:20170918025230j:plain

迎賓の間

廊下一つとっても、石の感じから、光の加減まで全てが美しい。

f:id:will_power_of_toad:20170918024215j:plain

廊下

こちらの大車輪は、中に人が入ってハムスターの要領で車輪を回転させて、荷物を上まで引き上げたとのことです。

f:id:will_power_of_toad:20170918025435j:plain

大車輪

再び、大天使ミカエルです。

f:id:will_power_of_toad:20170918025558j:plain

大天使ミカエル像

修道院の外へ 

帰りは外壁を伝って遠回りに帰ります。集合時間ギリギリなので、急がなきゃ。

f:id:will_power_of_toad:20170918025837j:plain

外壁沿いの通路

最後には素敵に晴れてくれました。

f:id:will_power_of_toad:20170917200734j:plain

快晴のモン・サン・ミッシェル外観

 

現地を離れ、パリ市内へ帰ります

バスでよかった、本当にクタクタ

帰りのバスでレビューをする娘。この後、程なくして、ぐっすりです。

f:id:will_power_of_toad:20170918030212j:plain

パリへ向かうバスの中

今日はお疲れ様でした。たくさん歩いて、階段登って、移動も長距離で本当に疲れたよね。

f:id:will_power_of_toad:20170918030220j:plain

疲れて、ぐっすりと眠る娘

モン・サン・ミッシェルのイメージは、私の愛読?Youtube Channelの「バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika」で確認できます。是非ご覧あれ。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ということで、こんな感じで二日目(パリは初日)を終えました。