フライヤーがま君

まったりとマイルを貯めて、マイペースで修行や旅行をしています

JGC修行(3/7):海外発券往路「ブルーモスク、チャンギラウンジ巡り」

2017年に実施したJGC修行について、経緯と計画から旅の記録までを、7話連続シリーズで写真と共に記録します。上級会員を目指す環境は刻一刻と変化していきますのが、修行というものイメージがちょっとでも分かれば嬉しいですし、これから上級会員を目指す人の参考に少しでもなればと思います。

今回は、第3話の海外発券往路「ブルーモスク、チャンギラウンジ巡り」です。

2017年JGC修行の旅程等

2017年JGC修行の旅程等

第1話からご覧になられる方がいらっしゃったら、以下のリンクへお願いします。

toad.hatenablog.jp

 

ブレックファースト@ルネッサンスホテル

起床から朝食

ということで、日本から遠く離れたクアラルンプールで、家族旅行でも仕事でもない、不思議な一泊明けの朝です。ツインタワーを景色に朝日を拝みます。

ルネッサンスホテル

ルネッサンスホテル

 

とりあえず、ホテルで朝食を取りながら、今日の予定を立てることにします。このときで時間は7時ちょい過ぎぐらいです。

ルネッサンスホテル

ルネッサンスホテル

 

ちなみに、朝食はこんな感じのビュッフェスタイルでした。

ルネッサンスホテル

ルネッサンスホテル

 

NASI LEMAK(ナシ・レマ)を発見。せっかくのローカルフードを食すチャンスなので挑戦してみることにしました。

ルネッサンスホテル

ルネッサンスホテル

 

んー、自分では頑張ってうまく盛ったはずだけど、こうやって後で写真で見てみると、なんか少し物足りないというか、さみしいというか。でも味は良かった。堪能しました!

ルネッサンスホテル

ルネッサンスホテル

 

ブルーモスクまでの道のり

本日のプランを検討

特に予定も立てずに、最悪はホテルの単純往復になってしまってもいいかな、ぐらいの感覚でここまで来ました。でも、せっかくだから何処か行きたくなるのが旅人。

ブルーモスクへの行き方を先輩方の旅行記から辿ると、地球の歩き方にはバスの話は書いてないけど、バスだったら1時間ぐらいでいけるっぽい。これなら飛行機にも間に合うだろう、ってことで決定!

52theworld.com

www.milekozou.com

 

ちなみに、Googleで検索するとこんな感じ。1時間42分かかると表示されていますが、これは恐らく間違いです。1時間程度しか掛かりませんでした。市内はかなりゆっくりですが、ハイウェイらしきものに入るとグングン進みます。

Google MAP

Google MAP

 

KLセントラルまで戻る

ホテルを出ました。取り敢えずKLセントラルまでは来た道を戻ります。8時45分です。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

BUKIT NANAS駅直下の交差点、バイクが沢山。東南アジアらしさを感じる光景です。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

昼のKLタワー。昨晩はギラギラに光っていたけど、お昼に見ると落ち着いています。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

BUKIT NANAS駅の中です。丁度モノレールがやってくるところ。8時50分頃に駅を出発します。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

車内の様子。朝なのか、昨日の夕方に比べると、まぁまぁ、混んでいます。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

トランジット@KLセントラル

KLセントラル駅で乗り換えて、Pasar Seni(パサール・スニ)駅まで行きます。LRTのクラナ・ジャラ・ラインを使って一駅になるのですが、地図で見る限り、歩くという選択肢は時間的にちょっとなさそう。このとき時間は9時15分です。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

朝のKLセントラル駅。時間は9時20分ぐらい。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

機内持込可のスーツケースを持っていたのですが、ブルーモスクまで持っていきたくはなかったので、ここでコインロッカーを利用します。

以下の記事を事前に読んで荷物預り所に行ったのですが、実際は「今は預かれない、新しいコインロッカーが向こう側にあるから、そっちを使ってくれ」でした。確かに、この記事は2015年のもので、若干古いです。

4travel.jp

 

言われた通りに、やってきました。そのコインロッカー。確かに、新しい。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

係員の案内通りに操作をしていくと、料金は10MYRだから、ざっくり300円。最初に訪ねた窓口が昔と同じだったとすると、3MYRとか5MYRだった筈。2倍以上の料金に一瞬固まってしまいましたが、まぁ、日本に比べたら、どうってことないので、許容範囲と理解。今は時間が限られているので、他の手段を考えている時間がもったいない。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

後日談ですが、KLセントラルでの荷物預り所がなくなった話とか、コインロッカーの使い方とかは、以下のリンクが詳しいです。

tabilife.jp

 

さて、荷物も軽くなったところで、LRTのホームまで来ました。時間は9時30分です。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

電車がやってきました。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

子供じゃないんだから、と言われそうですが、どうせ初めての電車に乗るなら、一番前。気分は運転手!!(´Д‘ ) 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

Pasar Seni(パサール・スニ)駅に到着。 時間は9時35分ぐらい。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

駅のホームから川を挟んで反対側の景色です。すごいビルです。栄えてますね。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

改札です。今回は僕も最初にとまどった、トークンを使って自動改札を出る方法です。といっても、LRTもKLモノレールとまったく同じでした。そういえば切符の自動販売機も同じだしね。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

入る時はかざして入ったのですが、出るときは、ここにトークンを入れます。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

改札を出てすぐに折り返しのエスカレーターと階段があります。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

Pasar Seniからブルーモスクまで

先述のブログで事前勉強した通り、750番を目指してバスターミナルにきました。といっても、ここは先ほどの階段を降りてすぐ目の前。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

Google MAPも表示しておきます。駅の真下ですね。

Google MAP

Google MAP

 

電光掲示版です。目的の750番バスを発見。ここで間違いないらしい。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

こんな看板もあります。750の数字を確認!(´Д‘ ) 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

来ました。750番バス。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

しばらく待ちましたが、乗車が始まる直前です。細かい時間は忘れましたが、確か10時ぐらいに出発です。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

750番バス往路(Pasar Seni~ブルーモスク) 

目的地を伝え、チケットを購入。3.00MYRなので90円ぐらい。1時間の距離のバスに乗って90円です。驚きです。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

市内を走るバスの車内の様子。日本人ももちろん、観光客もいなさそうです。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

ここからしばらくは、車内からの景色を堪能してください。開発が進む市街地。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

都心に比べると、若干庶民的な感じ。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

ちょっと高級マンション的な建物も発見。周りもハイソな感じがします。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

恐らくハイウェイに入ってます。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

大学が見えました。マラヤ大学? 後日wilipediaで調べると、かなり素晴らしい大学でした。マレーシア国内の最高学府らしいです。

マラヤ大学(マレー語: Universiti Malaya)は、マレーシア最初の大学。首都クアラルンプールの南西に750エーカー (3.0km sq) のキャンパスが位置する。マレーシア随一の最高学府として知られている。(出所:マラヤ大学 - Wikipedia

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

  

ハイウェイの料金所らしき光景。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

このあたりは団地の様です。もし日本と同じことになっているとしたら、近くの幼稚園とか保育園が大変なことになっていそうです。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

バスターミナルからブルーモスクまで

バスを降りました。10時50分過ぎだったので、本当にちょうど1時間ぐらいの行程でした。ちなみに、降りるのは、Hentian Pusat Bandar(シャーアラム・シティ・バス・ターミナル)です。

ちなみに、一瞬「Hentai」と読んでしまいそうになります。要注意w(´Д‘ )

でも、逆に、これで誰もが覚えられたと思いますが、車内には電光掲示板もないし、アナウンスも何言ってるか分からないと思うので、スマホGPS機能がフル活躍必須だと思います。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

一応、この付近(シャーアラムというらしい)のGoogle MAPもつけておきます。ここで降りれば、目と鼻の先にブルーモスク(スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク)があるのが分かります。

Google MAP

Google MAP

 

ちょっとした建物みたいなものがありまして、ここを抜けます。上のGoogle MAPだと青丸から白黒二重丸あたりまで歩いてきたところです。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

抜けてきたところを振り返って一枚。帰りは、この景色を目指して帰ってくる予定です。初めてのところへ行くときは、地図とGPS(つまりスマホ)が便利ですけど、スマホだけに頼らず自分の頭とカメラにも風景を収めておきます。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

行きは簡単です。この尖塔とドーム屋根が見えるので、これを目指します。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

こんな感じで公園みたいなところを歩いていきます。 

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

これが入口です。11時2分でしたので、ここまで徒歩10分弱ですかね。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

上の写真のところを直角に左に曲がると、こうなります。

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

お! ついにその姿が見えてきました。  

ブルーモスクまでの道のり

ブルーモスクまでの道のり

 

ブルーモスク観光

外観と受付

まずは、ほんのちょっとだけ遠回りして噴水を挟んで、反対側の撮影スポットから一枚撮影。やっぱり、この一枚をカメラに収めたかったので。

迫力ありますよね。個人的にはイスラムの施設を観光するのは、初めてでしたので入る前から高揚していました。

この正面の所に受付があります。こちらが日本人だと分かると、つい今さっき日本人の夫婦が中に入ったから合流してくれ、とかなんとか。台帳に名前を書いていると、確かに直前に日本人が来ているっぽい。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

建物の中へ

向かって右側から、正面の受付事務所らしき所をぐるっと回ると、以下のような入口の右手に階段があります。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

ちょうど階段を登った所に、日本人夫婦がいらっしゃって合流。僕をここまで案内してくれたスタッフが先に走って階段を上がり、別のガイドと話をつけて、階段を下りてきたところです。ここからは、観光で来られていた日本人夫婦と一緒に、少しだけ日本語を交えながら英語で解説するガイドに着いていくことになりました。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

ドーム屋根を見上げます。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

廊下です。靴を履いて入る事が出来ないので、靴下もしくは裸足になります。地球の歩き方にも書いてありましたが、石の感じが心地良いです。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

メインの礼拝堂のちょうど正面です。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

礼拝堂に入ってすぐのところから、天井を見上げました。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

さらに奥まで入って、天井のドーム屋根を見上げます。写真で見ると、光が差し込んで宙に浮いているみたいです。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

少し視線を下げます。横から青い光が入ってきます。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

礼拝堂の真正面です。イスラム教は偶像崇拝をしませんので、お寺とは随分と雰囲気が違います。ガランと何もない。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

後ろを振り返って入口を見ると、ステンドグラスが美しい。光と陰のコントラストとでも言えばいいのかな、こういうのは。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

正面入口から一旦出て、正面向かって左側にぐるっと回って、横の入口からもう一回礼拝堂の中に入ります。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

お、ここは、皆さんがよく撮影しているフォトスポットだ。左手のステンドグラスが美しい。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

先程入った側面の入口から礼拝堂を出て、すぐ正面の階段を降ります。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

降りたところに、結婚式を挙げる場所があり、そこを紹介してくれました。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

イスラム教の結婚を一生懸命解説してくれるガイドさん。時折、手元の複数の言語で解説を書いたファイルを使いながら、丁寧に説明をしてくれてます。

ブルーモスク

ブルーモスク

 

という感じで、ブルーモスク観光を終えます。正直な感想としては、いろいろと初めての体験だったので、勉強になりましたが、果たしてコレは観光地なのだろうか?という感じです。個人的には、逆に空いていて良かったですけどね。 

 

KLセントラルへの帰り道

750番バス復路(ブルーモスク〜KLセントラル)

そんな感じでブルーモスク見学は終了。特に急ぐことなくガイドのペースでしたが、12時ちょい前ぐらいに見学修了。ざっくり50分程度~1時間弱でした。

ブルーモスク見学を一緒にした日本人夫婦とも意気投合し、「私達も帰りはバスで帰ろうかなと思った」とのことなので、一緒にバスターミナルまで案内しています。このとき、12時10分ぐらいでした。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

スタッフにどのバス停で待てばよいか尋ねると、今そこに来ているバスに乗りなさい、って言われ、幸運にも殆ど待たずに帰りのバスに乗れました。帰りも750番バスです。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

車内では、先の日本人夫婦と一緒に旅の話など。曰く、行きはUberで来たらしく、宿はAirbnbらしいです。僕よりはご高齢の方でしたが、なんとまぁ、ハイテクで今風な旅行をなさってる方々なんだろう。若いです!

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

市内中心部に戻ってきました。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

KLセントラルで降りてランチ 

実はKLセントラルにも停まるらしいことが判明したので、ここでバスを降りました。12時55分ぐらいですから、復路は手前のKLセントラルで降りたこも踏まえて、約45分の行程です。

ちなみに、後日調べた感じだと往路でも、KLセントラルの近くは通りますので、わざわざPasar Seni駅まで行くことはなかったと思います。今後行く人は是非、ネットなどで詳細を調べた上でトライし、レポートしてください!

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

バスを降りたのはちょうどKLモノレールの駅の真下になります。ここは一方通行らしく、もし往路で乗る場合はここではないようです。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

さて、ランチを求めて、nu sentralまでやってきました。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

どうせなら、なるべくローカル感があるものを食べたかったので、この店しました。地球の歩き方にも乗っていたニョニャ料理。13時20分ぐらいです。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

料理の名前は忘れました。カレー系だったと思います。ちょっと辛かったので、はぁはぁ言って食べていたら、となりの現地ビジネスマンも汗かいてて、「辛いけど、美味しいよね」みたいな話をしました。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

KLIAエクスプレスでKULまで

KLIAエクスプレスのホームへ

さて、nu sentralを出て駅の方までやってきました。13時40分ぐらいです。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

忘れちゃいけない、スーツケース。当然ですけど、無事でした。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

安心の日本語表記です。KLIAエクスプレスのホームは地下にあります。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

ちょっと外れにある、自動改札です。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

改札を抜けて、左手にあるエスカレーターにホームまで。 

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

空港利用予定客がずらり。でも、往路のイメージからすれば、これぐらいの人数なら全員座って空港までいけますね。14時頃です。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

KLIAエクスプレス復路 

電車に乗り込みます。無事に席もゲットです。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

KULに到着です。14時半ちょい過ぎでしたので、ざっくり30分でした。

ブルーモスクからKULまで

ブルーモスクからKULまで

 

クアラルンプール国際空港

チェックイン&出国審査

さて、エレベーターで出発ホールまでやって来ました。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

電光掲示板でフライトの確認です。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

チェックインカウンターはガラガラ。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

出国審査へは、このエレベーターを降ります。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

この先の出国審査の場面は、流石に写真には撮りませんでしたが、入国審査と同じく、出国審査でも何も聞かれませんでした。パスポート見せて終了。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

制限区域内に入ってます。時間はちょうど15時です。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

メインターミナルの免税店の雰囲気は、こんな感じです。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

メインターミナルの中心部付近には、マレーシア航空のゴールデン・ラウンジがありましたが、まだoneworldクリスタルながま君は無資格。今回はスルー。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

エアロトレインに乗って、一旦サテライトターミナルを目指します。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

やっぱり、一番前に乗って、記念に一枚。 

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

サテライトターミナルまでやって来ました。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

エアロトレインを降りて左側、上の写真だと右側に進み、サテライトターミナルの2階に上がります。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

PLAZA PREMIUM LOUNGE@KUL

エスカレーターを上がって左に曲がったところにある、PLAZA PREMIUM LOUNGE。今回はここに お世話になりました。15時20分です。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

受付でプライオリティパスと搭乗券を出して入ります。 

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

取り敢えず晩御飯。こちら1食目。アルコールは有料。食事は種類こそ少ないものの、結構良さげではありました。満足。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

搭乗口に向かう

再びエアロトレインに乗ってメインターミナルまで戻ってきました。16時30分頃です。チャンギ国際空港と同じで、搭乗直前に荷物検査があるパターン。そのせいなのか何なのか、集合は1時間前でした。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

 

フライト No.3(KUL~SIN)

搭乗まで

今回のフライトは、取り敢えずシンガポールを目指します。ショートフライトです。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

ボーディングブリッジへ続く光景。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

 

今回のお供は彼。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

まさに機内に入るところです。今回のCAは全員男性。海外の航空会社だと男性CAというのも、特に珍しくないのですが、流石に全員というのは初体験で新鮮でした。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

機内の様子

たった1時間でも国際線は国際線だからなのか、全席モニター付かつUSBコンセント付でした。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

今回のフライトの機材はB737-800です。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

離陸の頃には雨模様。18時頃の写真です。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

機内ではドリンクサービスのみ。オレンジジュースを頂戴しました。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

夕陽と翼と海岸線。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

雲の海。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

チャンギに着陸

無事にチャンギ国際空港に到着しました。あたりは暗くなり始めたところです。このとき、18時50分過ぎです。約1時間のフライトでした。

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

ボーディングブリッジです。カーペットがチャンギ感MAXです。 

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

旅のお供の彼にお別れのご挨拶です。 

フライト(KUL~SIN)

フライト(KUL~SIN)

 

トランジット@SIN

次のフライトまで約3時間

とりあえずターミナル2に着きました。ちょっと落ち着いたこのときで19時10分頃です。次のフライトは22時25分なのでかなり時間が余っています。 

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

まずは、インフォメーションカウンターで、無料wifiのパスコードを貰います。チャンギではパスポートと搭乗券を見せれば、一定時間だけ使えるパスコードが記載された紙がもらえますので、使えるようになります。 

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.1 AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE@SIN T2

1件目(KUL通算で2件目)のラウンジは、ここです。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

何故か入口がめちゃくちゃ遠い(´Д‘ ) 

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

とりあえず1食目(KUL通算で2食目)。食事は種類はそれほど多くはなかったけど充分でしたし、割とおいしいです。 

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.2 SATS PREMIER LOUNGE@SIN T2

2件目(KUL通算で3件目)のラウンジは、先ほどのラウンジのすぐ反対側にあるここです。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

今度は受付が遠くない!(どうでもいいけど)

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

2食目(KUL通算で3食目)です。ここは食事の種類が、まぁまぁ豊富だったかと思います。堪能出来ました。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

ターミナル2で行く事が出来るラウンジは制覇したので、スカイトレインに乗って、ターミナル1へ向かいます。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

スカイトレイン車内の様子です。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

ターミナル1に着きました。このターミナルが出発場所でもありますので、トランジットの受付を済ませておきます。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

トランジットカウンターを正面から。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.3 d'nata@SIN T1

ターミナル1の中でも、ターミナル2寄りの場所にあるラウンジです。ちなみに今回搭乗するJAL便の指定ラウンジでもあります。3件目(KUL通算で4件目)です。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

フードとドリンクは、ここが一番充実していたかも知れません。日本風のカレーライスがあるというので食べてみる。うん、確かに! そして、美味しい。これが3食目(KUL通算で4食目) です。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.4 SATS PREMIUM LOUNGE@SIN T1

4件目(KUL通算で5件目)です。ターミナル1の中では中央辺りに位置します。まぁまぁ、広かったけど、あまり人は居ませんでした。アメリカンな印象がしましたね、なんとなくですけど。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

フードの充実度は、まぁまぁ。ちなみに、これが4食目(KUL通算で5食目)です。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

ここで、一旦箸休め。妻へのお土産を買います。僕は紅茶を飲まないので、全くよく分かってないのですが、多分これを買っておけば間違いない筈です。で、一番人が集ってるヤツが話題のやつに違いない、それを買ってみました。後からみたら、

ほうじ茶?!

げぇぇ。しまった。なんか、ちっとも海外らしくないお土産を買ってしまったぞ(´Д` )

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

(参考)d'nata@SIN T2

さて、気を取り直して、ターミナル3へ移動してきました。二階に上がってすぐ右手にある、このラウンジは、実は昔使った事があるので、参考までに入口の写真だけ。ここは、ぶっちゃけ狭いです。フード&ドリンクもおまけ程度。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.5 SATS PREMIUM LOUNGE@T3

続いてやって来たのは、その並び、二階に上がったところからは反対の左手に位置するSATSです。5件目(KUL通算で6件目)になります。

フードは、もう3件目のSATSなので予想通りのラインナップなのですが、本当すみません。流石にもう食べらません(´Д` )

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

No.6 PLAZA PREMIUM LOUNGE

さっさとターミナル3を後にして、ターミナル1に戻ってきました。もっともターミナル3に近いラウンジだと思います。6件目(KUL通算で7件目)です。

ラウンジの周り方は、まぁまぁ効率的だと思います。そんなユーザーは、ブロガー以外になかなか居ないでしょうけど(´Д` )

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

搭乗口へ 

以上で、ラウンジ巡りは終了です。特に詳細なレポートを書くつもりもないし、最後の方は、もう何も飲まず、食事も食べずに、一体何の為のラウンジ巡りだったのか(´Д` )

とはいえ、無事に時間は経過して、搭乗の時間となりました。搭乗口に向かいます。この時で21時50分過ぎでした。

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港

 

フライト No.4(SIN~HND) 

搭乗まで

搭乗口までやってきました。あぁ、鶴丸。安心のマークです。これで羽田まで帰ります。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

今宵のフライトのお供は彼です。正面からの凛々しい姿。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

 ボーディングブリッジ。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

 乗り込む瞬間です。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

機内の様子

個人的には、初体験のプレミアムエコノミークラスのシート。ビジネスクラスは数える程度ですが経験ある一方、一度も乗った事なかったです。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

機材は777-200でした。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

シートから窓の景色を一枚。もうすぐシンガポールを旅立ちます。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

機内では、 早速プレエコ的な恩恵に預かるべく、スパークリングワインです。あとはもう寝るだけだし。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

機内食(プレミアムエコノミー)

機内食です。ちなみに、KUL通算で6食目です。大丈夫かと!(´Д` )

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

フタを開けると、こんな感じ。もちろん完食しましたよ。最後の二つのラウンジでフードをパスしたのが効いていると思います。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

羽田に着陸

そんなこんなで、爆睡を挟んで羽田空港に着陸。時間は5時50分頃です。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

ボーディングブリッジです。

フライト(SIN~HND)

フライト(SIN~HND

 

修行僧の朝は早いアゲイン@HND

入国審査からの家路

朝焼けまぶしい羽田空港へやってきました。

朝焼けの羽田空港

朝焼けの羽田空港

 

旅のお供の勇姿をカメラに撮ります。安全で快適なフライトを感謝します。この後、入国審査をさらりと終わり、後は自宅に帰るだけ。

朝焼けの羽田空港

朝焼けの羽田空港

 

 早朝の羽田の空にモノレール。

朝焼けの羽田空港

朝焼けの羽田空港

 

という事で、本日の日程もコンプリート! まだまだ後半戦もありますので、次はどんな旅になるのか、ウキウキワクワクです。 

朝焼けの羽田空港

朝焼けの羽田空港

 

続きはコチラ

toad.hatenablog.jp